ホーム > サンデンタル通信

サンデンタル通信

歯を溶かす嘔吐に注意! [2020年10月30日]

こんにちは、歯科医師の有馬です。

コロナを含めた感染症予防や重症化予防として、マスクの正しい使い方やお口の中のケアを推奨する記事を多く見るようになりました。

感染症予防のひとつとしてお口の中のケアは勿論重要ですが、虫歯や歯周病の予防にも当然重要になります。今回は歯を溶かす病気に着目してみたいと思います。

虫歯は口の中のバイ菌が、甘い物を栄養として酸を生み出し歯を溶かす病気です。歯が溶ける原因は虫歯以外にもあります。例えば、炭酸飲料・黒酢などのお酢・柑橘類などを習慣的に飲食される方。他には拒食症などにより習慣的に嘔吐してしまう方です。

嘔吐すると胃液も吐き出すことになります。その胃液は非常に強い酸なので、吐き出すと歯の裏側にぶつかり、歯の裏側から溶かし始めます。

皆さん体調不良で嘔吐した際に、歯がキシキシした経験一度や二度はあるのではないでしうか?

酸性の飲食物を飲み食いした、あるいは嘔吐してしまった際はお口をゆすいだり歯磨きをして酸を洗い流してください!年末に近付き、こたつにミカンが似合う季節です。今年は自宅勤務の方も多いのではないでしょうか?ミカンを摘み食いした後そのまま寝てしまわぬ様に注意して下さいね。

何かお困りな事があれば、いつでもご相談ください。

コロナウイルスに負けない口と歯の健康づくり [2020年10月25日]

こんにちは、歯科医師の佐藤です。

 

 コロナの感染拡大から半年以上経過して、生活も大きく変わりましたね。日本歯科医師会の記事に「コロナウイルスに負けない口と歯の健康づくり」というのがあり、コロナの予防対策のための知識としてまとめてみました。

 

 口腔清掃を怠ると細菌や毒性物質が細胞を破壊します。これが、歯周病の始まりです。

歯周病になると細菌や毒性物質が血管から全身に拡散し細菌感染を起こします。

 

 ここで歯ブラシがしっかりできている方であれば、感染も軽度で体の免疫力で自然に治癒しますが、歯ブラシがうまくできてない方は感染が進行し、重症になると菌血症を発症する人もいます。(菌血症とは、本来無菌であるはずの血液中に細菌が認められる状態)

このような歯周病での細菌感染や菌血症を発症している人が新型コロナウイルスに感染すると体の免疫機能が暴走して感染組織だけでなく正常組織まで破壊してしまう危険性が増加します。

 歯と口の細菌や毒性物質は、ほぼすべての臓器に慢性炎症を起こします。平時ではそれが生活習慣病の危険因子となりますが、コロナの感染などの緊急時では免疫機能の暴走、細菌性肺炎あるいは敗血症(感染症による死亡につながる重大な臓器障害)の危険因子になります。

 

 ですから正しいブラッシングや定期的なクリーニングを行い、歯や口の中の環境を整えることで歯周病からの細菌感染を予防し、新型コロナウイルスの感染に備えることが大切です。

 

当院では、患者さんお1人ごとに防護服を着替えるなど様々な感染対策を行っていますので、口腔内で気になることがありましたら、安心してご連絡ください。

噛むことの大切さ [2020年10月25日]

こんにちは、歯科衛生士の石川です。

今日は、お口も身体も元気で過ごせるように、噛む(咀嚼する)ことについて考えたいと思います。

噛む(咀嚼する)ことは、食物から栄養を体の中に取り入れるための大切な動作です。噛むことにより、唾液分泌が促され、嚥下(飲み込むこと)や消化もスムーズになります。

また、唾液分泌はむし歯や歯周病の予防にも役立ち、お口の健康のために大切なものです。

 

A.噛む(咀嚼する)ことで

・口の感覚が刺激され、運動機能、噛む・話す機能の向上にも役立つ

・唾液が分泌され、消化吸収に役立つ

唾液にはたくさんの良い役割があり、唾液分泌を促すことはとても大切なことです。味を感じるためにも必要です。

 

B.咀嚼機能が衰えてくると

・栄養を適切に取れない

・唾液の分泌が減る

・全身の運動機能低下が起こりやすい

・咀嚼による脳への刺激が減り、脳血流量が低下する

などさまざまな問題が起こります。年齢を重ねることにより噛むための筋力が落ちたり、歯の本数が少なくなると、噛む能力は低くなってきます。

 

C.よく噛んで食べるために気をつけること

・一口30回噛む

・一口30秒噛む

・一口量を少なくする

・飲み込んでから次の食べ物を入れる

・一口食べたら、箸を置く

など、よく噛んで食べるためには、ゆっくり噛むことが大切です。ゆっくり噛むことで、唾液の分泌が期待できます。早食いが癖になっている人は注意が必要です。早食いは肥満やメタボリックシンドロームの原因のひとつとも言われています。

 

D.咀嚼による”食べる幸せ”

・噛みごたえや舌触りなども楽しめる

・食材が粉砕され、味物質の溶出が高まる

・食べ物が長くお口の中にあるため、食べ物からさまざまな刺激を受けることができる

楽しく、美味しいと感じる食事をすることは、誰もが一生続けたいことです。そのために噛むことは、とても大事なことです。

新型コロナウィルス感染症により、外出自粛に伴い受診をためらわれている状況があるかと思いますが、サンデンタルクリニックでは感染予防を徹底しておりますので、安心していらしてください。

30代男性の銀歯をセラミックで白く治した症例 [2020年06月01日]

BEFORE

AFTER

初めの相談内容 左下の奥歯が痛み、そこの根の治療を行った。その後、口の中の銀歯を白くしたいと希望。
カウンセリング
・診断結果
口の中全体に多数の銀歯があり、特に左上の銀歯は笑った時などに目立つ状態であった。
行ったご提案・治療内容 まずご自身の歯を白くするためホワイトニングをご提案。
その後場所によって強度的に強いジルコニアの被せ物と審美的なe-maxの被せ物を使い分け銀歯を置き換えた。
治療期間 左下の奥歯の根の治療後三か月
おおよその費用 140万円(税別)
術後の経過や現在の様子 治療中転勤が決まったため患者様と話し合い、当初の計画と多少の変更を行った。
急ピッチでの治療となったが何とか転勤までに治療が終了できた。
治療のリスク ・セラミックもメンテナンスを怠った場合、隙間から虫歯になる可能性がある。

・セラミックは咬む力によって割れることがある。
・金属よりも厚みが必要になることがあるため、そのために歯を削る必要がある。

ウイルス対策 [2020年02月19日]

こんにちは、歯科医師の佐藤です。

問題となっている新型コロナウイルス。日本でも感染が徐々に拡大しつつオリンピックも間近に迫っている中、大きな社会問題となっていますね。多くの人がマスクの着用や手洗いうがい、アルコール消毒などの個人でのウイルス対策が徹底され、インフルエンザの感染が昨年のインフルエンザ感染者の半分以下になっているようです。

ただ、マスクをしていても、マスクの下の口の中が不潔な状態だとウイルスの感染率も上がってしまいます。

唾液の抗菌作用で外的である細菌から口の中は守られていますが、口の中を不潔な状態にすると細菌の量が増え、唾液の能力でも守りきれず、細菌だけでなくウイルスも侵入しやすい状態になってしまいます。また、歯周病などの炎症状態も感染しやすくする要因になります。

忘れずに歯磨きを行い、口の中を清潔な状態に保つようにましょう。定期的に歯科医院でプロのチェックとクリーニングを受けることもお忘れなく。

[2020年02月17日]

歯科医師の田邉です。

立春も過ぎ、暦の上では春を迎えています。
例年ならば 「2月の馬鹿寒い時期に春だなんて」ってなもんですが、今年は文字通り春を感じる2月です。
・・・コタツをいつ出すか悩んでいたらもう春(驚)

ただ暖冬でとにかくありがたいのは、朝、布団から出るときですね。
寒いからもう5分。。。なんて事にならずにあっさり出れます。

体の負荷も少ないですし、気分もいい。
そして何より朝の5分は貴重です!

5分も早く起きればいつもの朝よりゆっくり歯も磨けます。

歯磨きのタイミングは基本的には1日3回ですが、夜は時間が自由になっても昼は出先だったりと難しいことがありますよね。
昼が難しいなら朝をしっかりと。ここで朝の5分が生きてきます!

夜寝ている時間が一番細菌が増殖する時間です。
空気が乾燥している冬は口腔内も乾燥しやすいため、より一層の注意が必要です。
一日の始まりにしっかりとしたブラッシングを!

新年のご挨拶 [2020年01月04日]

明けまして、おめでとうございます。

皆様には、清々しい新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

昨年は、院長からの選りすぐりの推薦のドクター3名が入局し、熱心に前向きに診療してくれる姿に、感動!

歯の治療は、細やかさと丁寧さとセンスが必要です。

大雑把な性格の人は、歯医者に向きません。

40年治療して、沢山の治療を見てきた私だから言えることです。

今、サンデンタルは、院長を初め、非常にきれいな治療が出来るドクターが集まり、そこに、口腔外科の重鎮である朝波惣一郎先生、歯周病学会元理事長の伊藤公一先生、また朝波先生の下で長年オペをしていたベテランの大塚ドクターなど、症例について意見交換しながら最高の治療が出来るワンチームが出来上がったと自負しています。

令和の新年は、さらによりよい治療を患者さんに提供できる体制になったと大変嬉しく思います。

歯を健康でしっかり保ち、心身共に健康でいたい方は、痛くなる前に絶対いらして下さいね。

(ここ数年、20~40年前の患者さんが再来院して下さることが増えました。過去の治療が長くもって、よかったからだと。指示通り、しっかりケアを続けて下さったおかげかな。)

2020年年頭にあたり  理事長 小山悠子

横浜マラソン [2019年11月21日]

こんにちは! 歯科医師の有馬です。

先日人生2度目のフルマラソンに挑戦して来ました!横浜マラソンです!コースはスタート地点のみなとみらいから横浜レンガ街や中華街を抜けて首都高速湾岸線を走るコースでした。

この高速道路は初心者にとって難関です。高速道路を自分の足で走れるのは貴重な機会ですが、人間が走る為には設計されていない!!故障するランナーや歩き出すランナーが続出します。この難関をクリアする方法は、自分のペースを崩さないことです。自分の様なフルマラソン初心者は高速道路に関係なくペースを守ることが完走への第一歩なのですが、この基本を守れたことで今回も無事に完走することが出来ました!!

そして、お口の中の健康状態を維持するのも、基本の歯磨きを毎日怠らない事が大事です!

歯磨きの基本、今一度確認されてみてはいかがでしょうか?

当院では歯磨きのプロが、基本の磨き方から、一人ひとりにあった磨き方をご提案します!!

一緒に基本の磨き方を確認して、磨く頻度ペースを守りながら、健康というゴールに向かって前に進んで行きましょう!!

 

記録は去年参加した北九州マラソンより30分の記録更新でした!

11月8日はいい歯の日 [2019年11月08日]

こんにちは! 事務局 小島です。

人生100年時代と言われるようになりましたが、健康に生活するために歯の健康はとても大切です。

歯の数は『60歳で24本、80歳で20本』が目標とされています。虫歯がなくても半年に1度は検診を受けていただき、歯を失うことがないようにケアをしましょう!

私の母は80歳になりましたが失った歯がなく、70歳後半で矯正とホワイトニングにも挑戦し、「綺麗な歯になって人前でも口を気にしなくて済み、とても嬉しい」と喜んでいます。

健康で生き生きとした生活をおくれるよう、人間ドック・健康診断に加え、ぜひ歯科検診もお忘れなく。

 

 

サウナ [2019年10月21日]

こんにちは、歯科助手の森田です✨

日増しに秋も深まり、朝夕は肌寒く感じますね

夏の疲れが溜まったままでいると体調を崩しやすくなるので、健康管理のために今のうちに疲れを取りましょう〜!

という事で

最近肌荒れも気になる私は毎日の肌のケアに加え、サウナをとりいれてます!

サウナの効果は

・血行促進

・疲労回復

・ニキビ、吹出ものの改善etc…

デトックス効果も期待できるのです

歯のケアも毎日の積み重ねが大事です!しっかり磨いて✨歯のケア✨も頑張りましょう!

« 前のページへ 次のページへ »