ホーム > サンデンタル通信

サンデンタル通信

3月11日 [2019年03月12日]

こんにちは。歯科助手の黒田です。

昨日は3月11日、震災から8年。

私は宮城県出身で震災の当時は宮城に住んでいました。当時のことは今も鮮明に覚えていますし、忘れたことは1日たりともありません。これからも忘れることはないきっとないでしょう。

そんな3月11日にちなんで災害時の歯磨きについてお話をしようと思います。

歯ブラシがない時はハンカチやガーゼなどを濡らして指に巻きつけふき取るようにします。この際強く拭き過ぎて歯肉を傷付けないように気を付けてください。また唾液には殺菌作用があるので唾液腺をマッサージしたり、シュガーレスのキシリトールガムを噛んで唾液を出すようにしたりすることも効果的です。液体ハミガキを使うのもいいですね。

ちなみに災害時にはSNSが役に立つとよく聞きますが私の住んでいた地域では基地局が津波で流されたので携帯電話やインターネットはほぼ使えませんでした・・・ただ家の固定電話は電話線が生きていて停電中も使えたので役に立ちました。情報源としては電池式のラジオに本当に助けられたので一家に一台置いておくことをお勧めします。手回し充電やソーラー充電機能も便利です。

災害はいつどこで起きるかわかりません。そのため日々の備えが重要です。万全を期してどんな苦難も乗り越えていきましょう。

花粉症対策 [2019年03月04日]

こんにちは!歯科助手の尾梶です。

今年も花粉の季節がやってきました(泣) 花粉症の方はこの時期とても辛いですよね。私も重度の花粉症なのですでに毎日の通勤にはメガネとマスクが欠かせません。

花粉症を少しでも緩和させる方法として、

  • ・洗眼液で目を洗う
  • ・目を冷たいタオルで冷やす
  • ・のど、鼻を保湿する
  • ・鼻を蒸しタオルなどで暖める

などがあります。また、鼻水を押さえる薬を飲むと唾液の分泌も少なくなったり、マスクをすると口呼吸になってしまったりで、口の中が渇きやすくなり、虫歯や歯周病、歯槽膿漏、ひどい口臭などの口腔内のトラブルに発展しやすくなります。水分補給を増やす、うがいをこまめにする、唾液腺のマッサージや下のストレッチで口の乾燥を防ぎましょう。

そして、

  • ・お酒やタバコ
  • ・睡眠不足、過労
  • ・ストレス

などは花粉症を悪化させる原因にもなるので、この時期は普段以上に規則正しい生活を心がけるようにしたいものです。

乾燥対策には [2019年02月27日]

こんにちは!受付の島田です。

寒い日が続いておりますが、みなさん体調は崩されていませんか?この時期気になるのはなんといっても「乾燥」です😖!

空気の乾燥には様々なリスクが伴います。

例えば…

肌荒れ

風邪・インフルエンザ

脱水症状

火災

静電気

などなど…💦

「加湿器を部屋に置く」などがよく知られる対策ですが、室内で植物を育てるのも乾燥対策につながるそうです!植物は定期的に水をあげるだけで自動的に葉っぱから水を蒸発させ続けてくれます。特に観葉植物は「天然の加湿器」とも呼ばれるほど効果があります。大き目の葉っぱのものを選ぶのがおすすめだそうですよ✨皆さんもぜひ試してみてくださいね😊!

マスクの正しいつけ方 [2019年02月12日]

こんにちは。歯科衛生士の丹原です。

インフルエンザが猛威を振るって流行中ですが皆さんは大丈夫ですか?

花粉、風邪、インフルエンザの予防にマスクをつけている方もいると思いますが正しいつけ方はご存知ですか?

正しくつけていないとマスクの効果を得る事ができません

☆マスクは咳やくしゃみがある人がつけることで効果を発揮します

【正しいマスクの装着法】

⚪︎鼻と口を確実に覆う。

⚪︎鼻からアゴまでヒダを伸ばす。

⚪︎鼻の形にワイヤーを折り曲げフィットするようにつける。

⚪︎ゴムひもを耳にかける。

 

【間違ったマスクの装着法】

⚪︎鼻がででいる。

⚪︎鼻の部分に隙間がある。

⚪︎アゴが出ている。

 

マスクの表面にはウイルスがついています。外す時は、マスクの表面には触れないように耳付近のゴムに触れ外すようにしてください。こまめに交換する事も大切です。

手洗い、うがいも忘れずに‼

歯磨きでインフルエンザ予防 [2019年02月05日]

こんにちは。歯科衛生士の石田です。

あっという間に2月に入りましたね!みなさん体調は崩してないでしょうか?この時期、インフルエンザの流行がピークを迎えます。

歯磨きでインフルエンザ予防』という言葉を聞いたことはありますか?

毎日の歯磨きをきちんと行い、歯科医院で治療やクリーニングを行うことでお口の中の細菌が減り、インフルエンザの発症も抑えられるといわれています。

実際に小学校で歯磨き習慣を行なったことで学級閉鎖が半分近くまで減少したり、介護施設で歯磨きに加え歯科衛生士がクリーニングを実施したところ歯磨きだけの者に比べインフルエンザ発症が9割近く減少した、というデータもでています!

この時期は特に『うがい・手洗い・歯磨き』をしっかりと行い、そして十分な睡眠をとって体調を崩さないように気をつけてくださいね☺

ご自身の歯磨きはもちろんですが、それに加え歯科医院での治療・クリーニングを行うことが大切です。

気になることなどございましたらお気軽にご連絡ください。

 

赤いパンツ [2019年01月31日]

こんにちは、鍼灸師の青山です。

日本は新年を迎えたばかりですが、中国などは2月5日が旧暦の正月、4日が大晦日のイベントですね。街も正月飾りで赤や金色で華やかですが、下着も新調して赤い色を身につける風習があるそうです。赤は縁起の良い色として好まれますが、活力を与えて気持ちを前向きにしてくれます。臍下丹田(おへその3〜4センチ下のツボ)に赤が触れているだけで、下腹に力が入り、身体がポカポカあたたかくなってきますよ。(その逆は黒です。女性は特に黒いパンツは避けましょう)

赤と言えば、サンデンタルクリニックのビルの地下一階に、老舗刀削麺専門店があります。真っ赤な辛〜い刀削麺からエネルギーをいただくのも良いですね。新宿駅西口から地下道を通ればすぐです。

この季節は『温活』を楽しみましょう♪

毎月8日は歯ブラシ交換デー [2019年01月28日]

こんにちは。歯科助手の増田です!

突然ですが皆様、「毎月8日は歯ブラシ交換デー」という記念日があるのはご存知でしょうか?💡

毎日使う歯ブラシは、長く使いすぎると毛先か開いたりコシがなくなってしまう為、”汚れを落とす効果”が低下します。😢

また、1ヶ月もしないうちに歯ブラシの毛先が広がってしまう方はもしかすると力が入りすぎているかもしれません😨

その為、歯ブラシの交換は1ヶ月に1回が理想です

歯磨きについてわからないことがありましたら、歯科医師、衛生士にお気軽にご相談下さい( ❁ᵕᴗᵕ )”✨

ストレスと歯 [2019年01月21日]

こんにちは! 受付の若松です。

ストレスは歯にも関係があるのをご存知でしょうか?

歯に関連するトラブル(歯痛、開口障害、口臭、歯の喪失、審美的問題等)はストレスの大きな原因となり、また全身のストレスは、顎関節症、口腔乾燥症、歯周病等様々な歯科疾患の発症・増悪因子であることが広く知られています。

特に顎関節症は、ストレスとの因果関係が強いため、原因を取り除き、できる限り顎に負担をかけない生活を送ることが大切です。

・パソコン作業をする時の姿勢は、顎が前に出やすく顎関節へ悪影響を及ぼす為、作業の際は正しい姿勢を意識し、休憩をとるなどの工夫が必要。

・物を噛むとき以外は、唇を閉じた状態でも上下の歯を離し顔の筋肉の緊張を解くよう心がける。etc…..

ストレスの無い日常を過ごす事は難しいですが、歯へのストレスを少しでも緩和出来ますよう、ご心配な事がございましたらお早めにいらして下さい😁

1月7日は七草がゆ [2019年01月07日]

こんにちは、歯科衛生士の石川です。

お正月休みも過ぎてしまいましたが、皆さんお元気ですか?

今日1月7日は、七草がゆを食べる日ですね。七草がゆは、お正月にお酒やお節料理などのご馳走をたくさん食べた胃腸を休め、また1年の無病息災を願っての風習です。

スーパーなどで、春の七草セット(せり、なずな、ゴギョウ、はこべら、仏の座、すずな、すずしろ)が売られています。これらを使って是非作って、食してみてください。

さあ、新しい年の始まりです!健康に1年を過ごしたいものですね。

新年の御挨拶 [2019年01月04日]

明けましておめでとうございます。

皆様も、清々しい新年をお迎えのことと思います。

サンデンタルは、2016年に35周年を迎えましたので、今年設立38年目になりました。

何十年と長く通って下さる患者さん皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

歯だけでなく、心と身体の全身の健康を考え、寝たきりにならない健康寿命を伸ばすためのアドバイスも、これからの時代は大切であると思っています。

世界的ダンサー熊川哲也氏に師事する私(末端の末端の限りない末端で(笑))、加齢にバレエが一番とばかりにサンデンタルバレエ部を作り7年位になります。

昨年は、サンデンタル合氣道部が自然発生的に出来まして、これも世界的に有名な心身統一合氣道の宗主である、藤平信一氏に師事、日常生活の中で応用出来る「氣」、最高の能力を今どう出すか?「氣」は、どなたでも必要な普通の事なのです。

サンデンタルの患者さんなら参加できますので、ご興味ある方はお問い合わせ下さい。

皆様の健康のために、いつも最高をお届けしたいと思っています。

今年も、どうぞよろしくお願い致します。

サンデンタルクリニック 理事長 小山悠子

« 前のページへ 次のページへ »