ホーム  »  サンデンタル通信  »  女性のための歯科東洋医学

サンデンタル通信

女性のための歯科東洋医学

2014年08月25日

歯科衛生士の山本です。
先日、院長が日本歯科東洋医学会主催の「女性のための歯科東洋医学」セミナーで講演されるということなので、お願いして連れて行っていただきました。

歯科東洋医学

虫歯だけでなく、歯周病(歯槽膿漏)や顎関節症、口臭や歯並び、歯の黄ばみといったマナー、エチケットとされるものまで悩みは多岐に渡ります。

通常、「東洋医学」といってもイメージが湧き辛いかと思うのですが、意外にも沢山の女性歯科医師や歯科衛生士が参加していて、びっくりしました。
一人目の先生の話は、ツボ治療。肩凝りに効くツボがあるのと同じように、歯に効くツボもあるのです。
サンデンタルクリニックに勤めて驚いたことは、抜歯やインプラントの手術の時にツボ刺激を行っておくと、痛みも腫れもほとんどないことです。親知らずを抜いたら腫れるものだと思っていた私には、びっくりでした!

セミナー

サンデンタルに来て驚いたことの二つ目は、鍼灸師さんがいて足ツボマッサージや全身治療を行うことでした。
次は漢方のお話しでしたが、「便秘には~」のCMでおなじみ、コーラックも漢方薬なのだそうで、これにも驚きました!
セミナーの最後が小山院長の話で、当院の痛くない、怖くない歯科治療と正しい姿勢の大切さについてでしたが、とてもわかりやすく興味のある内容だったので、周囲の女性のみなさん、身を乗り出して聞き入っていたように思いました。
それも院長先生が、実際とても姿勢がきれいなので、説得力があるのだと思います。
東洋医療と西洋医療が合わさった統合医療、ご興味あるお方はサンデンタルクリニックにてお待ちしております。