ホーム  »  サンデンタル通信  »  恥じらいは捨てて

サンデンタル通信

恥じらいは捨てて

2021年03月15日

こんにちは!歯科医師の有馬です!

先日、クリニックの外で親しくなった方と歯医者の話をする機会がありました。その方は「口の中を見られるのが恥ずかしい…」と話されました。知り合いの私に口腔内を見られるのが恥ずかしいらしいのですが、中にはお口の中の何かしらの症状を自覚しながら、「こんなにひどい状態の口腔内は見られたくない」と恥じて歯医者に行けない方もいるのではないかと思います。

しかし、その恥じらいは、ぜひ捨ててください!

現在20代で7割の方が歯周病だと言われています。歯周病は主にP.gingivalisと呼ばれるバイ菌がジンジパインと呼ばれる毒素を出し、歯を支えている骨の内部にまで入り込む感染症です。つまり発見されるまで24時間365日、バイ菌達が体内に入り続けている事になります。怖い事に、これを無視していると心筋梗塞や脳梗塞、アルツハイマーなど全身疾患の引き金を引くことも知られており、放っておくのは非常に危険です!

それでも…やっぱり恥ずかしいですか??

安心してください!私たちは歯科医師であり歯科衛生士です!プロです!見慣れてます!ほんの少し恥ずかしさを捨ててくだされれば、誰に見られても綺麗なお口になるよう、検査結果のご説明から歯ブラシの練習に至るまで丁寧にお手伝いします!!

たった一度の検査で、変わる未来があります!

ぜひ一度、足をお運びになってください!

お待ちしております!