ホーム > サンデンタル通信

サンデンタル通信

はじめまして!! 新潟から上京しました! [2017年08月10日]

こんにちは! はじめまして、歯科衛生士の石田です。

今年4月からサンデンタルクリニックの医局員になりました✨ 早いものでもう4ヶ月が経ちました!時間が経つのは本当にあっという間ですね😳

私は入局と同時に新潟から東京に上京してきました!東京は新潟にはないものがたくさんあって本当に楽しいです☺️ まだ知らないことだらけですのでオススメの場所などあったら教えてください

実は新潟県は12歳児の一人平均虫歯数が全国最小、17年連続日本一を達成しているんです!

最近は予防歯科がとても広まってきていますよね✨ 昔はほとんどの人が虫歯をもっていましたが、今では虫歯になったことがない人もたくさんいらっしゃいます!

歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなど使ってそれぞれ自分に合った磨き方を身につければ、虫歯や歯周病を防ぐことができます! ただ、日が経つにつれ、自分の癖が出てきて、磨き残しがあるようになってしまいます😵

磨き残しや磨き方の癖、いつでもチェックしますのでお気軽にいらしてください

歯内治療のセミナーに参加してきました! [2017年07月31日]

こんにちは!歯科医師の倉治です。

7月上旬に、歯内治療のセミナーに参加してきました。
歯内治療というのは、歯の中にある歯髄と呼ばれる神経が入っている空間(根管)の治療のことです。虫歯が深く進行して神経まで感染している場合などに、神経をとる治療のことを言います。根管治療とも呼びます。

根管の形は個人差があり、メインの根管が大きく曲がっていたり、無数に枝分かれしてたりと、とても難しい治療だと改めて実感しました。
そのため、初めての根管治療で成功率は80~90%、再治療では60~70%以下というデータもあるそうです。
なかなか厳しい成功率ですよね。

そこで、成功率を上げるために、、、
・虫歯を確実に除去すること
・エンド三角と呼ばれる根管のくびれた部分を除去すること
・機械的清掃(器具を使って根管を広げながら感染した歯質も除去すること)と化学的清掃(お薬で洗うこと)の両方をしっかり行うこと
などなど、臨床で役立つお話をたくさん聞いてきました。

また今までは複雑で見えない根管内を長年のカンや手探りで治療していたのですが、CTやマイクロスコープ(顕微鏡)が登場し、見えない治療から段々と見える治療になってきました。
ただ、両方ともかなり高額な機材で設置してある歯科医院はまだまだ少ないそうです。

当院はマイクロスコープもCTも完備しており、5年後10年後も残せる歯にできる手助けになっていますので、ご安心ください!

日々医療も進化しているので、色々な勉強会に参加して知識を深めていき、患者さんの歯を1本でも多く守れるように頑張って行きたいと思います。

熱中症対策にフルーツを [2017年07月28日]

こんにちは! 受付の増田です。

暑い日が続きますが、熱中症対策はしていらっしゃいますか? 私はフルーツが大好きで、1年を通して食べていますが、特にこの暑い夏場は、みずみずしい果物を毎日のように食べています!(朝食に、とてもよいです)

フルーツには、ビタミンCが多く含まれているものが多く、また、水分・糖分が豊富、体温を下げるなどの効果があり、熱中症対策はもちろん夏バテにもオススメです

熱中症対策には、水分・塩分が大切ですが、同時に糖分を取ることで、吸収率が上がります。日本では、甘味が増す理由で塩をスイカにかける方も多くいらっしゃいますが、とても理にかなった食べ方といえますね。

皆様も暑さに負けないように、睡眠と栄養をしっかりと取り、元気に夏を過ごしましょう!

そして、美味しい物を食べた後は、歯磨きもお忘れなく!

唾液の役割 [2017年07月24日]

こんにちは、歯科衛生士の石川です。

今回は、唾液について考えたいと思います。

唾液は、お口の中に出される液体のことです。1日あたり1.0~1.5リットル出されます。成分は水分が99.5%で、残りの0.5%を無機質を主とする固形分が占めます。

唾液の分泌量は、時間により変化します。食事中は増えますが、睡眠中は減少する傾向にあります。また、精神的な影響を受ける傾向もあり、緊張すれば唾液の量は減少して、口が渇いてきますし、酸っぱいものを目の前にしなくても想像するだけで、唾液は出てきます。

唾液は、抗菌性物質や保湿成分、免疫成分などを含み、消化や粘膜保護の作用があるため、口腔機能に不可欠な体液です。

唾液分泌量が低下すると、咳反射や嚥下(飲み込む)反射が低下することもあります。また、ムシ歯や歯周病になりやすくなったりします。

以上のように唾液には色々な役割があります。「口が渇く」「お口の中がネバネバする」などありましたら、どうぞご相談ください。

顔の筋肉を動かして、免疫力アップ&認知症予防! [2017年07月18日]

こんにちは、鍼灸師の青山です。

前回はあいうべ体操をお伝えしましたので、他のポージングをお伝えします。

♪ひょっとこ体操

口をすぼめて顔のパーツを右側によせるようなイメージで筋肉を動かす。次は同様に口をすぼめて、顔のパーツを左側によせる。これを交互に繰り返し、1日2〜3分を目安に行う。

♪顔クシャ体操

顔のパーツを真ん中に寄せ集めるようなイメージで、顔をクシャとさせて筋肉を思い切りキューと縮める。次は顔のパーツを外側に大きく広げるイメージで、思い切り伸ばす。1日2〜3分を目安に行う。

実際にやると、かなり疲れますが、スッキリする感じがわかります。おまけに小顔、美肌効果も期待できます。

あいうべ体操と合わせて5分。

毎日の歯磨きに組み込んで、習慣化すると、長く続けられますよ

歯科治療で使用する機具の滅菌について [2017年07月14日]

こんにちは!サンデンタルクリニックで事務をしています小島です。

最近、新聞やニュースで、「歯科医療機関の半数が、歯を削る医療機器のタービンヘッドやハンドピースを滅菌せずに使い回している(厚生省の調査による)」と報じられました。

読売新聞に掲載された記事です ⇒ https://yomidr.yomiuri.co.jp/

 

サンデンタルクリニックでは、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、それらヘッド類専用の「DACユニバーサル」を適用し、完全滅菌を行っています。さらに、医療機具の完全滅菌のために他にも以下のような細やかなところまで考えた診療体制をとっております。

◎お口の中に水やエアをシュッとふきかけるあの「3wayシリンジ」、普通はユニットにくっついていて外せない(不潔です!)のですが、当院では、3wayシリンジは、取り外せ、滅菌できるものを導入しています。個人ごとに交換するために、1本約2万円する3wayシリンジを数十本用意しなければなりません。

◎熱や水分で滅菌できない機具類は、ガス滅菌器を使います。

◎顔にかけるタオルもオートクレーブで滅菌処理をしています。

◎口の中に入れる照射器のように滅菌できないものは、ビニールを被せ、患者さんごとに好感しています。

 

ホームページの「滅菌管理について」でさらに詳しく書いておりますので、ぜひご覧にになってくださいませ。

サンデンタルクリニックの滅菌管理について ⇒ http://sundentalc

 

 

口腔ケア講習会に参加してきました [2017年06月26日]

こんにちは! 歯科助手の若松です。

先月行われた当院理事長の講演会「よい口腔環境は健康をつくり、人生を変える」🎤に行って参りました。

ほんの一部ですが、

・歯がないと頭の重さも変わる(頭も骨粗鬆症になる)。

・固いものが食べられないと抗うつになりやすい。

・良く噛むことでガン予防になる。

・固い物ほど虫歯になりにくい。

・ホワイトニングは消毒効果、炎症抑える効果もある。

等々…

色々とお勉強になる事が沢山ありました📚💡

中でもホワイトニングはお勧めです‼︎白くするだけでなく、消毒・炎症抑える効果もありますしご自宅で簡単に出来ます。外国ではエチケットで、確かに外国の方は歯が白く綺麗ですよね✨

白くしたいなと思っておりましたら是非、サンデンタルクリニックにお越しください❗️

また、ご都合が宜しければ講演会もいらしてくださいませ✨(ホームページで随時お知らせしております(´∀`=)

前九重親方、元横綱千代の富士関の一周忌 [2017年06月19日]

院長の小山祐樹です。

去る6月1日、前九重親方、元横綱千代の富士関の一周忌によんで頂きました。本当の命日は来月なのですが、千代の富士関のお誕生日である6月1日にしたそうです。生前、親交が深かった方々がお集まりになり、千代の富士関がお好きだった浅草ビューホテルの中華料理を食べながら、お互いの千代の富士関との思い出話しを語り合う事が出来ました。

千代の富士関は、僕が知っている中では誰よりも1番強い方だったので、お亡くなりになったことが今でも信じられません。参加されたみなさんも同じ思いのようで、おかみさんも、ちょっと巡業に行っているだけですぐに帰ってくるような気がすると、きっと1番驚いているのは本人だろう、なんておっしゃっていました。

千代の富士関は、どんな事にも負けずに立ち向かう不屈の精神を持った方でした。そして、曲がった事が大嫌いで正義感が強く、それでいてとても優しくてユーモアがあってお茶目なかたでした。子供が大好きで、僕がまだ幼く、千代の富士関が現役の横綱だった時に、僕の事を踏んづけたりして色々と遊んで下さいました。引退して親方になられてからも、たまに九重部屋に朝稽古を見に行くと、指導をそっちのけで声を掛けて下さったり、ちゃんこ鍋を御一緒させて下さったりと、いつもとても気配りをして下さいました。まさに映画に出てくるヒーローのようなかたでした。

そんな素敵なヒーローと出逢えた事に感謝し、ほんの少しでも近づけるよう、何事にも真面目に、正しく、優しく、努力を忘れないように取り組んでいきたいと思います。

サイナスリフトの研修会に参加してきました [2017年06月12日]

歯科医師の熊澤です。

先月5月28日名古屋で行われたサイナスリフトの研修会に参加してきました。講師の野阪先生には、大阪で行われたsafeというトラブル症例から学ぶ学会でもお世話になったことがあり、多くの症例や経験からされるお話からは、たくさんの学びを得ることができました。

単にインプラントといえども、それに付随してくる、たくさんの環境整備が必要になります。サイナスリフトも、その一環です。周りの骨や歯肉、補綴物の形態や材質、咬合、他にも清掃性やメンテナンス性など。

一本の歯を、人工的につくっていくということの責任をしっかり自覚し、今後も患者さんへ還元できるよう努めます。

新緑の候 [2017年06月09日]

歯科医師の河村です。

5月に使う時候のあいさつで 新緑の候  という言葉があります。

若い葉が少しずつ茂ってくる季節という意味です。

わが家のゴムの木くんも毎年この時期に若い葉が次々でてきて6月の今ではこんなに大きな葉に成長してしまいます。

4月に入局した新人達も2ヵ月目。これから大きく成長していくことと思います。

   

« 前のページへ