ホーム  »  サンデンタル通信  »  足の疲れをとる方法

サンデンタル通信

足の疲れをとる方法

2016年05月09日

こんにちは。歯科助手・リフレクソロジストの村田です。

立ち仕事をしていると、足のむくみや疲れに悩まされることがあります。そういうときは、足枕をして寝ています。 横になるときに足を高くすることで血液が心臓へ戻りやすくなります。血行がよくなることでリンパの流れも良くなるので一石二鳥です。次の日、ずいぶん足が楽になっているのでみなさんにもご紹介させてください。

バスタオルを丸めたり、クッションを利用したり、座布団を二つ折りにしたものなど、身近なものを足枕にできます。高さの目安は、足が自分の心臓よりも高くなるようにします。腰痛のある人は、長い時間足を高くしていると腰に負担がかかりやすくなるのでご注意ください。

高さや時間はご自分の身体と相談しながら調整していくといいと思います。ぜひ一度お試しください。

足枕