ホーム  »  サンデンタル通信  »  歯の痛みとツボの関係

サンデンタル通信

歯の痛みとツボの関係

2016年04月11日

こんにちは! 歯科助手・リフレクソロジストの阿部です。

今日は歯の痛みに効果的なツボをご紹介致します。歯の痛みに対するツボ押しには副作用がないので、妊娠中の方にもたいへん有効的です。

ツボ押しは治療効果が認められていて、身体の様々な場所に歯痛に効果があるツボが存在します。急な歯痛でお困りの時もあると思いますので、覚えておいて損はないと思います。

【合谷(ごうこく)】 歯痛にもっとも効果があるツボです。この合谷を反対側の手の親指と人差し指で挟むように押してください。やや強めに押すとキーンと痛みが走ります。痛みがなくなるまでよくもみほぐして下さい。

合谷2

 

【頬車(きょうしゃ)】 このツボは顔にあるツボです。上顎の歯が痛い時はこのツボが有効です。頬車の場所は、エラ付近の食いしばった時に皮膚が盛り上がる部分です。頬車は小顔効果やアゴのずれにも効果があります。

頬車

【下関(げかん)】 奥歯が痛いときは、下関のツボが有効です。耳の前(指2本手前)にあり、頬骨の下で口を開けた時にくぼみが出来るところです。このツボは三叉神経痛やめの疲れにも効果があります。

下関

【勇泉(ゆうせん)】 身体全体の不調を整える効果がある万能なツボなので、歯痛以外の時にも是非試してみてください。勇泉の場所は足の土踏まずの少し上にあり、足の指を曲げた時にくぼむ部分です。

勇泉

以上、いかがでしたでしょうか? お気づきの方もいらっしゃると思いますが、サンデンタルクリニックでは、治療中にこれらのツボ押しを取り入れて、痛みや腫れの出にくくするという珍しい歯医者です。ご興味のある方はぜひ一度、西新宿にあるサンデンタルクリニックへお越しくださいませ。