ホーム  »  サンデンタル通信  »  タバコの影響

サンデンタル通信

タバコの影響

2018年10月29日

こんにちは。衛生士の丹原です。

みなさんはタバコは吸われますか?

タバコを吸っていると口が臭くなったりヤニが着いたり、歯周病にかかりやすくなりますが、歯肉の腫れや出血もしにくくなるため、歯周病に気がつきにくくなります。

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるので身体が酸欠状態、栄養不足になります。

また、ヤニが着いていると常に歯の表面にザラつきがありバイ菌もつきやすく口の中や歯肉にニコチンが染み出し続ける事になります。

最近、流行っている電子タバコやiQOS…

電子タバコはニコチン入りのリキッドを使用しなければ身体に害はないそうですが、iQOSは、タバコの葉を加熱するので普通のタバコに比べれば有害物質は削減されますが身体への影響はゼロではないそうです。

加熱式タバコ 電子タバコ
ニコチン あり なし
中身 タバコの葉 リキッド(液体)
ほぼなし 多い

 

タバコを吸う方、吸わない方にかかわらず、定期健診、クリーニングをオススメします!