ホーム  »  サンデンタル通信  »  4月18日は良い歯の日

サンデンタル通信

4月18日は良い歯の日

2019年04月15日

こんにちは!受付の若松です。

4月18日は良い歯の日です。

「よ(4)い(1)歯(8)」の語呂合せを元に、日本歯科医師会が制定した記念日です。
(「11(いい)8(歯)」の語呂合わせを元にしています。)

良い歯とは、

・虫歯のない

・歯周病が進行していない

・見た目がきれい

・噛み合わせに問題がない

などなど…

また、良い歯でしっかり噛むことで脳の働きが良くなると言われています。

顎の筋肉が繰り返し収縮したり、弛緩したりすることで、脳の血液循環が促進され、代謝が活発になります。
数回噛んで、すぐ飲み込むような食べ方は、胃腸にも良くありませんし、脳も刺激しません。食べ物の硬軟に関わらず、しっかりと何回も噛むことが大切です。

しっかりと噛むと、脳への効果として

・集中力、注意力が高まる

・認知症の予防

・記憶力の低下防止

・脳細胞の発達に良い影響をあたえる

と言われています。

良く噛んで食事をするためには、よく噛める健康な歯を維持していかなければなりません。
お口の中に自覚症状を感じたときは、実はかなり進んでいますですから早期発見、早期治療は健康を維持するためにとても重要です。 お口の健康を守るために、また気になることがございましたら定期検診や歯科相談にいらして下さい。お待ちしております。