ホーム  »  サンデンタル通信  »  虫歯予防の歯みがき剤

サンデンタル通信

虫歯予防の歯みがき剤

2019年09月19日

歯科衛生士の石川です。

皆さん、毎日歯磨きをされていると思いますが、歯磨剤(歯みがき剤)にはどのようなものをお使いですか?

ムシ歯予防のために、ぜひフッ素が配合された歯磨剤をお使い下さい。

特に、歯周病などで歯ぐきが下がって、根本が見えてきた歯は、根本がムシ歯になりやすいのです。

この部分にフッ素は、ムシ歯予防効果が大きいです。

 

では、フッ素入り歯磨剤の効果的な使用方法です。(15歳以上)

❶ 歯ブラシに2センチ程度の歯磨剤(フッ素濃度は1000〜1500ppm)を付ける。

❷ 磨く前に歯磨剤を歯全体に広げる。

❸ 歯磨きをする。

❹ 歯磨剤を吐き出す。

❺ 10〜15ml(大さじ一杯程度)の水を口に含み、ブクブクうがいを1回だけする。

❻ その後、30分程度(できれば1〜2時間)飲食はしない。

これを1日2〜3回フッ素入り歯磨剤を使って歯磨きしましょう。特に、就寝前が効果的です。

また、プラーク(ムシ歯菌などの細菌の塊)を落とすように、上手くブラッシングすることも大切ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

[参考文献] 東京都歯科衛生士会 学術誌 平成30年度No.35