ホーム  »  サンデンタル通信  »  無意識に歯を強く食いしばる癖

サンデンタル通信

無意識に歯を強く食いしばる癖

2018年11月19日

こんにちは。歯科助手の黒田です。

“クレンチング” という言葉はご存じでしょうか?

無意識に歯を強く食いしばる癖のことを言い、ストレスが大きな要因です。

ストレスを感じることによって咀嚼筋が緊張し、歯に強い圧力が掛かり、歯や歯周組織に負担をかけます。歯にひびが入ったり、ひどいと歯が割れてしまうこともあります。知覚過敏、歯周病の悪化、頭痛や肩こり、顎関節症の原因にもなります。

これらの症状を改善するためには、原因を理解して、心身のリラックスをはかり、スプリント療法を行います。スプリントとはいわゆるマウスピースのことで、マウスピースをすることで直接歯同士が触れ合わなくなるので歯自体の負担を減らします。また咬み合う位置が高くなるので筋肉の負担も減ります。

保険適用の治療になりますのでお気軽にご相談ください。

これからの季節寒さをこらえるために無意識に歯を食いしばることが多くなります。

自分の歯を守るためにもぜひマウスピースを使ってみてはいかがでしょうか。