ホーム  »  サンデンタル通信  »  歯の着色

サンデンタル通信

歯の着色

2021年04月05日

こんにちは、歯科衛生士の石田です。

今回は歯の着色についてお話します。着色が気になる方も多いのではないのでしょうか?

そもそも着色の原因には、

①加齢による黄ばみ

②虫歯による色の変化

③外部からの着色 などがあります。

着色の原因になりやすいものは、コーヒーや赤ワイン、チョコレート、タバコなどが良く知られていますよね。

また、着色は見た目だけでなく、付着することで歯の表面がザラザラになり、汚れを着きやすい状態にしてしまいます。

こうした着色を付きにくくするためには、

  ・研磨剤をつけてゴシゴシ歯磨きしないこと(歯の表面に細かい傷をつけてしまいます)

  ・着色しやすい物を摂取後はうがいをすること

などがあります。

本格的に除去するには歯科医院でのクリーニングやホワイトニングが必要です。

少しでも気になる方は、お気軽にご相談ください😊