ホーム > サンデンタル通信

4月, 2021年

液体歯みがきと洗口剤の違い [2021年04月12日]

こんにちは、歯科医師の佐藤です。

コロナの感染が再び拡大してきています。感染予防として、マスクやアルコール消毒・ソーシャルディスタンスなどが日常の一部になっていますが、毎日の歯のブラッシングなどの口腔内のケアも感染予防としてはとても効果的です👍

さて、今回は、液体歯磨きと洗口液についてお話ししたいと思います。

洗口液基本はすすぐだけ。歯垢・口臭といった口内トラブルの原因となる食べカスやミクロの汚れ、ネバネバを洗い流してくれます。磨き残し対策のために日常の歯磨き後の仕上げとして使います。また、外出先や忙しくて歯磨きができない時、口腔内の不快感が気になった時など、洗口液ならすすぐだけでお手軽にお口をすっきり清潔にすることができます。

液体歯磨き : 液体タイプの歯磨き剤。チューブ入りの練り歯磨きと同様に歯ブラシを使って歯を磨く時に使用するもので、お口に含んですすいだ後にブラッシングすることで効果を得ることができます。

液体歯磨きは、基本的に口腔内の殺菌・消毒成分が多く含まれていて、練り歯磨きと比べると口全体への浸透がしやすいため歯の表面はもちろん根本や間の細かいブラッシングにはとても効果的なので積極的に活用してください👍ですが、良くも悪くも研磨剤が含まれていないため歯の着色(ステイン)は落ちないので注意してください。ステインに関しては研磨剤入りの練り歯磨きをたまに使ってあげることでカバーするといいかもしれません😆

身体の健康はお口からとも言われてますので、毎日のブラッシングを習慣づけて感染予防を含め元気で健康な生活を送りましょう!

歯の着色 [2021年04月05日]

こんにちは、歯科衛生士の石田です。

今回は歯の着色についてお話します。着色が気になる方も多いのではないのでしょうか?

そもそも着色の原因には、

①加齢による黄ばみ

②虫歯による色の変化

③外部からの着色 などがあります。

着色の原因になりやすいものは、コーヒーや赤ワイン、チョコレート、タバコなどが良く知られていますよね。

また、着色は見た目だけでなく、付着することで歯の表面がザラザラになり、汚れを着きやすい状態にしてしまいます。

こうした着色を付きにくくするためには、

  ・研磨剤をつけてゴシゴシ歯磨きしないこと(歯の表面に細かい傷をつけてしまいます)

  ・着色しやすい物を摂取後はうがいをすること

などがあります。

本格的に除去するには歯科医院でのクリーニングやホワイトニングが必要です。

少しでも気になる方は、お気軽にご相談ください😊