ホーム > サンデンタル通信

3月, 2021年

災害時の歯磨き [2021年03月30日]

こんにちは、歯科医師の田邉です。

風も温くなってきて、外を歩いていても気持ちの良い季節になってきましたね。

さて、東日本大震災から丸10年。家族や友人とあの日の話や、もし災害が起きたらといった話をする大切な機会です。また、最近も地震があちこちで発生しているので、いざという時のために震災対策の確認はしておきたいものです。

今回は災害時のお口のケアについて考えてみましょう。被災したらお口のケアどころではないとお思いかもしれませんが、これが非常に重要なのです。お口の中の汚れとは細菌の塊な訳で、それを放置してしまうと肺炎のリスクがどっと上がってしまいます。

特に高齢の方は要注意!被災時は環境の変化で免疫力の低下がしやすいですから、お口のケアをして少しでもリスクを減らしましょう。

ただ被災時は色々なものが制限されてしまうことが考えられます。もし歯ブラシがなかったら?もしお水がなかったら?入れ歯は付けっぱなしで良いの?

もし歯ブラシがなかったら、ティッシュやハンカチで歯や舌を拭って下さい。細くしたりしながら行えば細かいところもある程度綺麗に出来ます。

もしお水がなかったら濯ぐのはお茶でも構いません。量も少ししかない場合ブラシ後の濯ぐ際には一度に口に含まず少しの量で時間をかけて2回〜3回は行いましょう。

入れ歯の方はお食事が終わり次第、外して軽くブラッシングをして下さい。夜寝る時に関しては状況にもよりますが、ある程度落ち着ける環境なら外して寝る、そうでないなら付けて寝ても構いません。ただ、つけたまま寝ると細菌が繁殖しやすくなるので寝る前と起きた後はケアをしてあげてください。

もちろん被災時に備えるために歯ブラシやフロス、歯間ブラシや入れ歯洗浄剤など使い慣れている物を防災バッグなどに入れておいたり準備することが非常に大事です。液体歯磨きの少量ボトルを入れておいたりするのも良いでしょう。お口のケア用品は忘れてしまいがちなのでチェックしてみて下さい!

皆さんも良い機会なので他人事と思わず、今一度防災バックの中身など見直してみて下さいね!

恥じらいは捨てて [2021年03月15日]

こんにちは!歯科医師の有馬です!

先日、クリニックの外で親しくなった方と歯医者の話をする機会がありました。その方は「口の中を見られるのが恥ずかしい…」と話されました。知り合いの私に口腔内を見られるのが恥ずかしいらしいのですが、中にはお口の中の何かしらの症状を自覚しながら、「こんなにひどい状態の口腔内は見られたくない」と恥じて歯医者に行けない方もいるのではないかと思います。

しかし、その恥じらいは、ぜひ捨ててください!

現在20代で7割の方が歯周病だと言われています。歯周病は主にP.gingivalisと呼ばれるバイ菌がジンジパインと呼ばれる毒素を出し、歯を支えている骨の内部にまで入り込む感染症です。つまり発見されるまで24時間365日、バイ菌達が体内に入り続けている事になります。怖い事に、これを無視していると心筋梗塞や脳梗塞、アルツハイマーなど全身疾患の引き金を引くことも知られており、放っておくのは非常に危険です!

それでも…やっぱり恥ずかしいですか??

安心してください!私たちは歯科医師であり歯科衛生士です!プロです!見慣れてます!ほんの少し恥ずかしさを捨ててくだされれば、誰に見られても綺麗なお口になるよう、検査結果のご説明から歯ブラシの練習に至るまで丁寧にお手伝いします!!

たった一度の検査で、変わる未来があります!

ぜひ一度、足をお運びになってください!

お待ちしております!

花粉症と歯周病 [2021年03月08日]

こんにちは、歯科助手の森田です。

最近、春らしいポカポカした暖かい日が続きますね。
ですが、夜ははまだまだ寒かったり、気温差が激しいので体調を崩さないよう気をつけましょう。

そして、春といえば花粉症!
花粉症の方にはとても辛い時期になってきました。

花粉症の主な症状に
鼻水・鼻づまりがありますが、鼻呼吸が出来ないと自然と口呼吸になり、口の中の水分が蒸発して乾燥していきます。
口の中は乾燥していると細菌が繁殖しやすくなり、歯の周りに歯周病の原因である歯垢(プラーク)がつきやすくなります。

ちなみに
花粉症の薬には唾液の分泌を抑えてしまうものが多くあるそうで、口の中は更に乾燥した状態になってしまい、結果、花粉症の時期はいつもより歯周病になりやすいのだそうです。

ですので、特に花粉症が重い方はこまめに水分補給をして、出来るだけ口の中を乾燥させないようにしましょう!

そして、より丁寧な歯磨きを心掛けましょう!