ホーム > サンデンタル通信

11月, 2020年

歯の色の悩み [2020年11月26日]

こんにちは、歯科医師の田邉です。

「今年もあっという間に年末」なんて毎年言ってますが、今年は輪をかけてあっという間に一年が駆け抜けてますね。

さてさて、患者さんからの御相談で多いのが虫歯、歯周病はもちろんの事、歯の色の悩みも多く聴こえてきます。歯の変色は原因によって対処法が違うのですが、患者さんが出来る予防策はだいたい同じものです。

まずは原因から!

歯の変色の原因としては大きく分けて3つの原因があります。

1、歯の表面への着色 茶渋やタバコのヤニが歯の表面に付着して色をくすませてるもの

2、歯の色素の沈着 色の濃い食べ物の色素が歯の微細な窪みに入り込んで歯の色を暗くしてるもの

3、歯の病気由来のもの 歯の中の神経が死んでしまったり、虫歯などが原因となって色が変わってくることがあります。これは他の歯と比べて一本だけ色の異常が起きてる時に考えられます。

細かく分けると原因はもう少しありますが、ザクッと分けるとこんな感じです。

では、患者さん出来ることは何かと云うと「うがい」と「丁寧な歯磨き」をして下さい。コーヒーやお茶が好きな方はそればっかり飲んでしまうこともあると思いますし、食事の後急いでて歯が磨けないこともあると思います。色は長時間そこに停滞する事で着色や沈着するので、さっとで構いませんので「うがい」をしてみてください。

また、歯の表面がザラついていると色が付きやすくなりますから丁寧なブラッシングも必要です。因みに着色などを落とす研磨剤入りの歯磨き粉を常時使う事はお勧めしていません!歯を削ってしまったり、歯茎を傷つけたりするからです。週に一度程度で使って下さいね。

一杯のお茶を飲んだら水で軽くうがい、ご飯を食べたら軽くうがい。時間ができたら細かくブラッシング!面倒くさく思えますが、綺麗な歯のために頑張って下さい!

当院ではクリーニング、ホワイトニングどちらもやっておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

顎の筋肉をほぐす [2020年11月11日]

こんにちは 歯科助手の森田です。

段々と冬に近づき、朝晩と寒さが増してきましたね。体調を崩さないよう、より一層体調管理をしっかりしていきましょう!

さて、現在も続くコロナウイルスによる自粛ムードで、ストレスを抱えている方も多いかと思います。ストレス社会の現代では、多くの方が歯の噛み締め、食いしばりをしていると言われています。それにより顎の筋肉が凝り、食事や会話の際に顎が疲れやすくなるそうです。

他にも凝る原因として・・・

・頬杖をつく

・片方ばかりで噛む

・眠っているときに歯ぎしりをする

 

顎の筋肉が凝ると・・・

・口が大きく開かない

・口を開けたときに音が鳴る

・顎が痛い

などの顎関節症の症状が現れる事もあります。

そこで今回は顎の筋肉をほぐすマッサージを紹介したいと思います。

まずは咬筋!

奥歯を噛み締め、プクッと膨れる部分を指先に力を入れ(痛気持ちいくらいの強さで)小さく円を描くようにマッサージしてください。

次に側頭筋!

こめかみの部分をグルグルと円を描くようにマッサージしてください。

どちらもこの時、上下の歯がわずかに離れている状態だと思います。その位置が理想的なリラックスした位置です。

凝りが気になる方は、歯の位置も意識しながらお風呂時間やご自身のいいタイミングで実践してみてくださいね。