ホーム > サンデンタル通信

10月, 2020年

歯を溶かす嘔吐に注意! [2020年10月30日]

こんにちは、歯科医師の有馬です。

コロナを含めた感染症予防や重症化予防として、マスクの正しい使い方やお口の中のケアを推奨する記事を多く見るようになりました。

感染症予防のひとつとしてお口の中のケアは勿論重要ですが、虫歯や歯周病の予防にも当然重要になります。今回は歯を溶かす病気に着目してみたいと思います。

虫歯は口の中のバイ菌が、甘い物を栄養として酸を生み出し歯を溶かす病気です。歯が溶ける原因は虫歯以外にもあります。例えば、炭酸飲料・黒酢などのお酢・柑橘類などを習慣的に飲食される方。他には拒食症などにより習慣的に嘔吐してしまう方です。

嘔吐すると胃液も吐き出すことになります。その胃液は非常に強い酸なので、吐き出すと歯の裏側にぶつかり、歯の裏側から溶かし始めます。

皆さん体調不良で嘔吐した際に、歯がキシキシした経験一度や二度はあるのではないでしうか?

酸性の飲食物を飲み食いした、あるいは嘔吐してしまった際はお口をゆすいだり歯磨きをして酸を洗い流してください!年末に近付き、こたつにミカンが似合う季節です。今年は自宅勤務の方も多いのではないでしょうか?ミカンを摘み食いした後そのまま寝てしまわぬ様に注意して下さいね。

何かお困りな事があれば、いつでもご相談ください。

コロナウイルスに負けない口と歯の健康づくり [2020年10月25日]

こんちにわ、歯科医師の佐藤です。

 

 コロナの感染拡大から半年以上経過して、生活も大きく変わりましたね。日本歯科医師会の記事に「コロナウイルスに負けない口と歯の健康づくり」というのがあり、コロナの予防対策のための知識としてまとめてみました。

 

 口腔清掃を怠ると細菌や毒性物質が細胞を破壊します。これが、歯周病の始まりです。

歯周病になると細菌や毒性物質が血管から全身に拡散し細菌感染を起こします。

 

 ここで歯ブラシがしっかりできている方であれば、感染も軽度で体の免疫力で自然に治癒しますが、歯ブラシがうまくできてない方は感染が進行し、重症になると菌血症を発症する人もいます。(菌血症とは、本来無菌であるはずの血液中に細菌が認められる状態)

このような歯周病での細菌感染や菌血症を発症している人が新型コロナウイルスに感染すると体の免疫機能が暴走して感染組織だけでなく正常組織まで破壊してしまう危険性が増加します。

 歯と口の細菌や毒性物質は、ほぼすべての臓器に慢性炎症を起こします。平時ではそれが生活習慣病の危険因子となりますが、コロナの感染などの緊急時では免疫機能の暴走、細菌性肺炎あるいは敗血症(感染症による死亡につながる重大な臓器障害)の危険因子になります。

 

 ですから正しいブラッシングや定期的なクリーニングを行い、歯や口の中の環境を整えることで歯周病からの細菌感染を予防し、新型コロナウイルスの感染に備えることが大切です。

 

当院では、患者さんお1人ごとに防護服を着替えるなど様々な感染対策を行っていますので、口腔内で気になることがありましたら、安心してご連絡ください。

噛むことの大切さ [2020年10月25日]

こんにちは、歯科衛生士の石川です。

今日は、お口も身体も元気で過ごせるように、噛む(咀嚼する)ことについて考えたいと思います。

噛む(咀嚼する)ことは、食物から栄養を体の中に取り入れるための大切な動作です。噛むことにより、唾液分泌が促され、嚥下(飲み込むこと)や消化もスムーズになります。

また、唾液分泌はむし歯や歯周病の予防にも役立ち、お口の健康のために大切なものです。

 

A.噛む(咀嚼する)ことで

・口の感覚が刺激され、運動機能、噛む・話す機能の向上にも役立つ

・唾液が分泌され、消化吸収に役立つ

唾液にはたくさんの良い役割があり、唾液分泌を促すことはとても大切なことです。味を感じるためにも必要です。

 

B.咀嚼機能が衰えてくると

・栄養を適切に取れない

・唾液の分泌が減る

・全身の運動機能低下が起こりやすい

・咀嚼による脳への刺激が減り、脳血流量が低下する

などさまざまな問題が起こります。年齢を重ねることにより噛むための筋力が落ちたり、歯の本数が少なくなると、噛む能力は低くなってきます。

 

C.よく噛んで食べるために気をつけること

・一口30回噛む

・一口30秒噛む

・一口量を少なくする

・飲み込んでから次の食べ物を入れる

・一口食べたら、箸を置く

など、よく噛んで食べるためには、ゆっくり噛むことが大切です。ゆっくり噛むことで、唾液の分泌が期待できます。早食いが癖になっている人は注意が必要です。早食いは肥満やメタボリックシンドロームの原因のひとつとも言われています。

 

D.咀嚼による”食べる幸せ”

・噛みごたえや舌触りなども楽しめる

・食材が粉砕され、味物質の溶出が高まる

・食べ物が長くお口の中にあるため、食べ物からさまざまな刺激を受けることができる

楽しく、美味しいと感じる食事をすることは、誰もが一生続けたいことです。そのために噛むことは、とても大事なことです。

新型コロナウィルス感染症により、外出自粛に伴い受診をためらわれている状況があるかと思いますが、サンデンタルクリニックでは感染予防を徹底しておりますので、安心していらしてください。