ホーム  »  サンデンタル通信  »  花粉症になると歯周病になりやすくなる

サンデンタル通信

花粉症になると歯周病になりやすくなる

2018年04月12日

歯科医師の佐藤です。入局してちょうど一年になります。これからも、よりよい治療のために、日々精進していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、ここ最近、気温も上がり益々春らしくなって来ましたね。春はとても過ごしやすくて個人的にはとても好きなのですが、今年は花粉症がひどくて辛いです(泣)

花粉症といえば、花粉症になると歯周病になりやすくなるのはご存知でしょうか?

花粉症になると鼻づまりなどで口呼吸になり、口の中が乾燥しやすくなります。こうなると口の中の細菌が繁殖しやすくなり歯周病になりやすくなるというものです。また、花粉症の薬なども口の中を乾燥しやすくするものもあったり、春になると季節の変わり目で体調も崩しやすく、より歯周病のリスクは高くなりますので、しっかり歯ブラシをしないといけません。

サンデンタルクリニックでは歯周病チェックや歯ブラシ指導を丁寧に行っています。歯のクリーニングを兼ねてぜひお越しください。