ホーム  »  サンデンタル通信  »  矯正で理想のEラインに!

サンデンタル通信

矯正で理想のEラインに!

2017年11月20日

こんにちは!歯科医師の倉治です。

私の旦那さんが当院の院長先生に矯正治療してもらっているのですが、治療開始からそろそろ1年3ヶ月が経ちます。旦那さんは、かみ合わせが2級の上顎前突で、上の歯が少し出ている横顔でした。私はあまり気にならなかったのですが、どうしてもやりたいとのことでスタートしました。

ブラケット(※1)をつけた日は、早く外したい、ご飯が食べられない、などなど、たくさん弱音を吐いていたのですが、面白いくらいに毎月の調整後に歯が動いていて、半年位で出ていた前歯がどんどん下がって横顔が別人のようになりました!キレイなEラインに近づいているのです!! (麺類がラクに前歯で噛めるようになったという効果も!(笑)ヽ(^o^)丿)

今では、矯正治療をした日に数日だけある動く痛みが嬉しそうです。今月も動いているな、と感じているそうですよ!

また、歯と歯の間にある小さい虫歯のあるところは、矯正で動かしているスペースを使いながら一緒に治しているので、最小限のみ削ってレジンを詰める虫歯治療ができているので、これぞまさにMI治療(※2)!普通だと横から削らないと虫歯が取れないので健全な歯を少しでも多く残すことができますよね。

矯正と虫歯処置を一緒にできるのも当院のメリットだと思います。

矯正治療に興味のある方はぜひ相談してくださいね!

(※1)ブラケットとは、歯並びの矯正の際に歯に装着する装置の名前で、これにワイヤーを通して歯並びを矯正します。
(※2)『MI治療』の ”MI” とは、ミニマムインターベンション(Minimum Intervention)の略で、 『出来るだけ歯を削らないで治療する』 という意味です。