ホーム  »  サンデンタル通信  »  五月病

サンデンタル通信

五月病

2018年05月10日

こんにちは、歯科助手の尾梶です。

新年度が始まってあっという間に1ヶ月がたちましたね!!

新生活に慣れてきた方も多いのではないでしょうか?? この時期は新生活の疲れがどっと出て、五月病の症状が出たりもします。

五月病の症状には、

□睡眠障害(夜眠れない、朝起きられない など)
□免疫力の低下(風邪をひきやすくなる)
□頭痛
□食欲不振
□めまい、動悸
□会社へ行きたくなくなる
□イライラする
□焦りや不安を感じる
□何をするにも面倒くさくなる

などがあります。そして、五月病はお口の中にも影響が出ます。

例えば、疲れや食欲不振で免疫力が低下すると歯周病になりやすくなりますし、ストレスによって歯ぎしり食いしばりが発生し、歯が削れてしまったり、知覚過敏が起こる原因にもなります。

五月病の対処方法は、「ストレスを溜めない」、「張り切り過ぎない」を実践するということが大切で、具体的には「早寝早起きを実践する」、「バランスのいい食事をとる」などが有効とのことです。

自分に負荷をかけ過ぎないよう、また、最近は気温の寒暖差も激しいので、皆さんご自愛くださいね。