ホーム > サンデンタル通信

11月, 2017年

「東京デンタルショー」で刺激を受けました!! [2017年11月28日]

こんにちは!歯科医師の佐藤です。

サンデンタルに勤めて、はや8ヶ月が経ちました。毎日が忙しく、あっという間に過ぎたように感じます。

さて、11月の中旬に東京ビッグサイトで開催された「東京デンタルショー」に行ってきました。多くの歯科関連の企業が集まり、歯ブラシから最新の技術を使った機材まで様々なものが展示され、各ブースでは最新の機材を使ったデモ治療やセミナーが行われているなど、見て回るだけでもとても勉強になりました。

特に、VR(バーチャルリアリティ)とCTを使った治療や、最新のデンタルチェアー(180度の範囲で動くことができ、治療だけでなく、治療の説明もしやすいように考慮されている)が印象的でした。

最新の機器や技術などに触れる機会は、歯科医師としてのモチベーションがとても上がりますし、刺激にもなります。日進月歩の医療業界、常にアンテナを張って、よりよい治療のために勉強し、誠心誠意をもって治療に努めていきたいと思います。

体ラクラク掃除法 ~足先&手指先まで意識する♪~ [2017年11月27日]

鍼灸師の青山です。

早くもあと4日で12月に突入しますね!いよいよ年末の大掃除の季節です!一年間の感謝の気持ちをこめて、一生懸命にやりすぎてしまっていませんか?

少しの意識で、驚くほど疲労感が変わる方法をお教えさせて頂きます!掃除が苦手な方も、ぜひお試し下さいね

まず、つま先立ちをゆっくりと2、3回します。

ポイントは、かかとを上げながら、息を吸って~、3秒止めて、息を吐きながら、かかとをゆっくりと降ろします。

ふらつく方は、壁に手を添えながらすると安定します。

これで指先まで気が通ります。

その姿勢で、掃除機の場合は、体の近くに持ち、腕を伸び切らず、掃除機の先端を動かすつもりで、体全体で動く感覚で行います。

窓や壁を拭く場合も、腕を伸び切らずに、できるだけ胸の近く(正面)で、指先から動かします。高い所を拭くときは、無理をしないで、安定したふみ台に乗りましょう。

いずれも無意識でいると、腕だけを使ってしまい、余計な力が入って疲れてしまうのです(>_<)

張り切り過ぎない事が大切です。

これは、心身統一合気道の藤平先生からの指導で、当歯科医院のドクター方も日頃から実践されているんですよ。今日からどうぞ!

『マウスピース デオ』取扱い始めました! [2017年11月20日]

こんにちは!受付の増田です。

今回は、毎日のケアが必要なマウスピース、ナイトガードの専用の洗浄液『マウスピース デオ』のご紹介です。

マウスピースやナイトガードはその素材の性状から、お湯等が使用できないことやブラシが使用しにくい等の関係上、衛生管理は特に困難で、菌群が繁殖したマスウピースやナイトガードを装着すると、口腔衛生にも悪影響を及ぼす可能性があります。
このような現状を打破すべく、「マウスピース専用洗浄剤」としてマウスピースウォッシュが開発されました。

この製品は界面活性剤、発泡剤、研磨剤による汚れを溶かす洗浄力ではなく、界面活性剤、発泡剤、研磨剤不使用の剥離剤の為、素材を痛めません。

また、ケイ素に閉じ込めた酸素のミクロ単位での爆発力による、汚れを剥がし取るロジックを採用している為、着色汚れに対する瞬発力もあり、ミネラル由来のアルカリ性の為、マウスピースに付着した菌を的確に除菌します。

界面活性剤、酵素不使用の為、安全性も高く、環境にも優しい利点が挙げられます。

受付で1本1,940円(税込)で販売しておりますので、マウスピース、ナイトガードをお使いの方は、ぜひお使いになってみてください。

矯正で理想のEラインに! [2017年11月20日]

こんにちは!歯科医師の倉治です。

私の旦那さんが当院の院長先生に矯正治療してもらっているのですが、治療開始からそろそろ1年3ヶ月が経ちます。旦那さんは、かみ合わせが2級の上顎前突で、上の歯が少し出ている横顔でした。私はあまり気にならなかったのですが、どうしてもやりたいとのことでスタートしました。

ブラケット(※1)をつけた日は、早く外したい、ご飯が食べられない、などなど、たくさん弱音を吐いていたのですが、面白いくらいに毎月の調整後に歯が動いていて、半年位で出ていた前歯がどんどん下がって横顔が別人のようになりました!キレイなEラインに近づいているのです!! (麺類がラクに前歯で噛めるようになったという効果も!(笑)ヽ(^o^)丿)

今では、矯正治療をした日に数日だけある動く痛みが嬉しそうです。今月も動いているな、と感じているそうですよ!

また、歯と歯の間にある小さい虫歯のあるところは、矯正で動かしているスペースを使いながら一緒に治しているので、最小限のみ削ってレジンを詰める虫歯治療ができているので、これぞまさにMI治療(※2)!普通だと横から削らないと虫歯が取れないので健全な歯を少しでも多く残すことができますよね。

矯正と虫歯処置を一緒にできるのも当院のメリットだと思います。

矯正治療に興味のある方はぜひ相談してくださいね!

(※1)ブラケットとは、歯並びの矯正の際に歯に装着する装置の名前で、これにワイヤーを通して歯並びを矯正します。
(※2)『MI治療』の ”MI” とは、ミニマムインターベンション(Minimum Intervention)の略で、 『出来るだけ歯を削らないで治療する』 という意味です。

東京デンタルショー2017で「VR」を体験! [2017年11月13日]

こんにちは、歯科衛生士の石川です。

先日、東京デンタルショー2017で歯科で扱う新しい機材の展示を見たり、デモ・研修セミナーなどに参加したりしてきました!その中でも私が衝撃を受けたVRについて紹介します^ ^

最近、ニュースや街中で『VR』という言葉を皆さんよく耳にしませんか??

VRとはバーチャルリアリティつまり、人工現実感を作り上げる技術のことを指します。

東京デンタルショーでは、そのVRを医療の世界に取り入れ、患者さんの口腔内を作り出し、医療者が歯科技術の練習ができるというデモンストレーションを行っていました。

実際に私も体験してみましたが、かなりの再現率の高さに驚きました…!

VRが今後導入されれば、さらなる医療技術の向上につながるでしょう。楽しみですね^ ^