ホーム > サンデンタル通信

7月, 2017年

歯内治療のセミナーに参加してきました! [2017年07月31日]

こんにちは!歯科医師の倉治です。

7月上旬に、歯内治療のセミナーに参加してきました。
歯内治療というのは、歯の中にある歯髄と呼ばれる神経が入っている空間(根管)の治療のことです。虫歯が深く進行して神経まで感染している場合などに、神経をとる治療のことを言います。根管治療とも呼びます。

根管の形は個人差があり、メインの根管が大きく曲がっていたり、無数に枝分かれしてたりと、とても難しい治療だと改めて実感しました。
そのため、初めての根管治療で成功率は80~90%、再治療では60~70%以下というデータもあるそうです。
なかなか厳しい成功率ですよね。

そこで、成功率を上げるために、、、
・虫歯を確実に除去すること
・エンド三角と呼ばれる根管のくびれた部分を除去すること
・機械的清掃(器具を使って根管を広げながら感染した歯質も除去すること)と化学的清掃(お薬で洗うこと)の両方をしっかり行うこと
などなど、臨床で役立つお話をたくさん聞いてきました。

また今までは複雑で見えない根管内を長年のカンや手探りで治療していたのですが、CTやマイクロスコープ(顕微鏡)が登場し、見えない治療から段々と見える治療になってきました。
ただ、両方ともかなり高額な機材で設置してある歯科医院はまだまだ少ないそうです。

当院はマイクロスコープもCTも完備しており、5年後10年後も残せる歯にできる手助けになっていますので、ご安心ください!

日々医療も進化しているので、色々な勉強会に参加して知識を深めていき、患者さんの歯を1本でも多く守れるように頑張って行きたいと思います。

熱中症対策にフルーツを [2017年07月28日]

こんにちは! 受付の増田です。

暑い日が続きますが、熱中症対策はしていらっしゃいますか? 私はフルーツが大好きで、1年を通して食べていますが、特にこの暑い夏場は、みずみずしい果物を毎日のように食べています!(朝食に、とてもよいです)

フルーツには、ビタミンCが多く含まれているものが多く、また、水分・糖分が豊富、体温を下げるなどの効果があり、熱中症対策はもちろん夏バテにもオススメです

熱中症対策には、水分・塩分が大切ですが、同時に糖分を取ることで、吸収率が上がります。日本では、甘味が増す理由で塩をスイカにかける方も多くいらっしゃいますが、とても理にかなった食べ方といえますね。

皆様も暑さに負けないように、睡眠と栄養をしっかりと取り、元気に夏を過ごしましょう!

そして、美味しい物を食べた後は、歯磨きもお忘れなく!

唾液の役割 [2017年07月24日]

こんにちは、歯科衛生士の石川です。

今回は、唾液について考えたいと思います。

唾液は、お口の中に出される液体のことです。1日あたり1.0~1.5リットル出されます。成分は水分が99.5%で、残りの0.5%を無機質を主とする固形分が占めます。

唾液の分泌量は、時間により変化します。食事中は増えますが、睡眠中は減少する傾向にあります。また、精神的な影響を受ける傾向もあり、緊張すれば唾液の量は減少して、口が渇いてきますし、酸っぱいものを目の前にしなくても想像するだけで、唾液は出てきます。

唾液は、抗菌性物質や保湿成分、免疫成分などを含み、消化や粘膜保護の作用があるため、口腔機能に不可欠な体液です。

唾液分泌量が低下すると、咳反射や嚥下(飲み込む)反射が低下することもあります。また、ムシ歯や歯周病になりやすくなったりします。

以上のように唾液には色々な役割があります。「口が渇く」「お口の中がネバネバする」などありましたら、どうぞご相談ください。

顔の筋肉を動かして、免疫力アップ&認知症予防! [2017年07月18日]

こんにちは、鍼灸師の青山です。

前回はあいうべ体操をお伝えしましたので、他のポージングをお伝えします。

♪ひょっとこ体操

口をすぼめて顔のパーツを右側によせるようなイメージで筋肉を動かす。次は同様に口をすぼめて、顔のパーツを左側によせる。これを交互に繰り返し、1日2〜3分を目安に行う。

♪顔クシャ体操

顔のパーツを真ん中に寄せ集めるようなイメージで、顔をクシャとさせて筋肉を思い切りキューと縮める。次は顔のパーツを外側に大きく広げるイメージで、思い切り伸ばす。1日2〜3分を目安に行う。

実際にやると、かなり疲れますが、スッキリする感じがわかります。おまけに小顔、美肌効果も期待できます。

あいうべ体操と合わせて5分。

毎日の歯磨きに組み込んで、習慣化すると、長く続けられますよ

歯科治療で使用する機具の滅菌について [2017年07月14日]

こんにちは!サンデンタルクリニックで事務をしています小島です。

最近、新聞やニュースで、「歯科医療機関の半数が、歯を削る医療機器のタービンヘッドやハンドピースを滅菌せずに使い回している(厚生省の調査による)」と報じられました。

読売新聞に掲載された記事です ⇒ https://yomidr.yomiuri.co.jp/

 

サンデンタルクリニックでは、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、それらヘッド類専用の「DACユニバーサル」を適用し、完全滅菌を行っています。さらに、医療機具の完全滅菌のために他にも以下のような細やかなところまで考えた診療体制をとっております。

◎お口の中に水やエアをシュッとふきかけるあの「3wayシリンジ」、普通はユニットにくっついていて外せない(不潔です!)のですが、当院では、3wayシリンジは、取り外せ、滅菌できるものを導入しています。個人ごとに交換するために、1本約2万円する3wayシリンジを数十本用意しなければなりません。

◎熱や水分で滅菌できない機具類は、ガス滅菌器を使います。

◎顔にかけるタオルもオートクレーブで滅菌処理をしています。

◎口の中に入れる照射器のように滅菌できないものは、ビニールを被せ、患者さんごとに好感しています。

 

ホームページの「滅菌管理について」でさらに詳しく書いておりますので、ぜひご覧にになってくださいませ。

サンデンタルクリニックの滅菌管理について ⇒ http://sundentalc

 

 

小山悠子理事長が東京商工会議所女性会から表賞されました [2017年07月04日]

小山悠子理事長が東京商工会議所女性会から、役員として多年にわたる功労を表彰されました。