ホーム > サンデンタル通信

12月, 2015年

充電式携帯型水素水生成器 ジームスシルキー [2015年12月24日]

受付の梅です。

師走にしては暖かいですね。

うちでは昨日、クリスマスイブイブをお祝いをし、鳥モモ骨付き肉の照り焼きとケーキを食べました

さて、

今日は水素水生成器をご紹介します。

水素が体の老廃物質を除去してくれることによって、病気や老化が防げる

というお話は巷でもだいぶ知られるようになってきました。

 

サンデンタルでは、おうちで手軽に水素水が作れる、ポータブルタイプの水素水生成器

ジームスシルキー』を販売しております。

水筒サイズで手に持ちやすく、持ち運びも簡単です。

そして!私がオススメしたい特長があります!

 

① 充電式

中に内蔵されているリチウム電池から水素を発生させるのですが、

充電コードが付いていて交換不要です。

 

② 熱湯OK

熱湯を入れても大丈夫なので、水素入りコーヒー、水素入り茶漬け、

水素入りお湯割り、なんてことも可能です。

 

③ 水素の沸かし直しができる

水素はこの世で一番小さい原子なので、すぐに空気中に霧散してしまします…

が。ジームスシルキーは時間が経ちすぎたなーと思ったら、ボタン1つで

水素を生成し直せるので、作り直す必要がありません。

 

なんと、もう、この3つの特長が、今までの水素水生成と一線を画しています。

すごいと思います!!

 

販売価格は税込¥56,160です。(なかなかなお値段ですが、それだけのことはあります!)

 

いかがでしょうか。デモ用の実物はサンデンタルにありますので、

気になる方はぜひ受付にお申し付けください。

ジームスシルキー2ジームスシルキー

「まさる守」って知ってますか!? [2015年12月24日]

鍼灸師の青山です。

今年も残りわずかとなりました。

今年も新宿に足をお運びいただきありがとうございました。
来年はサル年!という事で、パワースポットでも有名な赤坂の日枝神社のまさる守をご紹介したいと思います。

まず、まさる守とはなんぞや??(・・?)

こちらです!!可愛い〜♡

まさる守

 まさる守りは、「魔が去る」 「何事にも勝る」 といった魔除けや勝負事のお守りです。

日枝神社は神様のお使いが猿なので、猿にちなんだ授与品が他にも沢山ありそうです!

新年、歯科治療の治療の際にに、ふらり散歩で足を運んでみてはいかがでしょうか?丸ノ内線に乗れば新宿から国会議事堂前までは10分ほどです。(駅からは徒歩8分)

来年も良縁に恵まれ、良い年になりますように。

年末年始のお知らせ [2015年12月24日]

年内最終診療日は、12月28日(月)午前診療となります。

12月29日(火)~1月3日(日)は休診、

1月4日(月)より通常診療させて頂きます。

 

※急患のご対応は、12月29日(火)・12月30日(水)の午前10時~12時に以下の電話番号にご連絡頂けましたら、お時間相談の上、診療いたします。

【救急診療の受付電話番号】 070-5584-5785

 

お餅つき [2015年12月15日]

サンデンタルクリニックの歯科技工士 荒川です。

先日、近隣の小学校でお餅つきをやると聞き、行ってきました。体育館の中でのお餅つきで、私も参加したのですが、杵が重く、いい運動になりました(笑)

つきたてのお餅はとても美味しかったのです!!

これから年末年始で美味しいものを食べる機会がたくさんあります、早めに歯を治して楽しく過ごしたいですね。

そして、お正月にお餅を食べて、歯のかぶせものが取れてしまったなんてときには、サンデンタルクリニックにぜひお越しください。年明けは1/4から診療しております。

餅つき

ペットもデンタルケアが必要です [2015年12月07日]

サンデンタルクリニック 歯科医師の河村です。

私には生活を共にしている2匹の犬がいます。歯周病からくる口腔細菌が及ぼす影響があることがわかってきましたが、成熟した犬にも多くみられる病気です。ペットも人と同じようにデンタルケアが必要です。歯周病は年齢と共にみられる病気で、3歳に達するまでに60%の犬がなんらかの歯に関する病気の症状を示すという報告があります。私は2日に1度、口腔内をデンタルシートで拭いて、1ヶ月に1度歯石の除去を愛犬に行っています❤

河村Dr.犬(さすが、歯科医師のお犬様~ byスタッフ)

成長期の矯正治療を再考する [2015年12月02日]

歯科医師の小山祐樹です。

11月18日〜20日に、博多で開催されていた第74回日本矯正歯科学会大会に参加して来ました。

日本矯正歯科学会は日本国内のほとんどの歯科矯正医が所属している学会で、年に1回学術大会が開かれ、日本各地から歯科矯正医が集まります。

今年の学術大会のテーマは「矯正歯科医療の潮流と未来への展望」で、著名な先生方が今までのご自身の症例を交えながら講演をして下さいました。

中でも、嘉ノ海先生がご講演なさった「成長期の矯正治療を再考する」は非常に興味深い内容でした。小学生位の成長期のお子さんであれば、矯正治療によって顎の成長の促進や抑制ができ、骨格的な顎のズレの改善が可能なのですが、患者さんによって治療効果に差があったり、治療開始時期が先生によって異なったり等の問題点がありました。今回の嘉ノ海先生のご講演では、この問題点に対し、今までの論文や症例の統計などから、どのような骨格パターンに効果的なのか、どの位の時期に開始するのが良いのか、そして今後の新しい治療法についてなどを包括的に話して頂きました。僕自身、今後の治療を行う上で非常に勉強になりました。

そして、夜は医局時代の先輩や同期、後輩達と博多名物に舌鼓を打ち、リフレッシュしてきました。

気分を新たに明日からの診療に励みたいと思います。

どうぞ、新宿 サンデンタルクリニックにお越しください。

矯正IMG_0587